審判にかけられたゾウ

宅急便コンパクト対応

¥ 3,500 税込

残り0
プレイ人数
2人
プレイ時間
60分
対象年齢
13歳以上
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マーダーデュアル「審判にかけられたゾウ」は2人用コミュニケーション推理ゲームです。

プレイヤーは童話世界の登場人物となり、協力して事件の解決に挑みます。
第一の事件では「言葉を使わず」にコミュニケーションをして情報を集めていくことになります。
第二の事件では「相手のロールプレイを当てる」ことで捜査が進みます。積極的にロールプレイをすることで真実に近づくかもしれません。

【ストーリー】

むかしむかしのまたむかし、小さな鳥たちが暮らす王国がありました。王様の名前はケツァール、王様の美しい翼はすべての国民を魅了するほどでした。

ある日、ケツァールは世界中を飛び回るツバメから奇妙な噂を聞きました。北の森に見たこともないような、大きな生き物が現れるという噂です。ケツァールは曾祖母から聞いたお話を思い出します。
「私たちの国の近くに、もう一つの国がある。ずっと昔は交流があったんだよ。」

むかしむかしのまたむかし、大きな動物たちが暮らす国がありました。王様はいません。しかし、賢いゾウが国民に知恵をかしていました。彼は大きな木の麓に暮らしていて、一日に沢山の相談者が訪れていたそうです。
ある日、ゾウのもとに小さな小さな旅人が現れました。彼女は空を自由自在飛びまわり、甲高い声で話しかけてきました。物知りなゾウですらも知らない言葉です。ゾウは曾祖父から聞いたお話を思い出します。
「私たちの国の近くに、もう一つの国がある。ずっと昔は交流があったんだよ。」

こうして両方の国は再び出会いました。
コウモリのように、鳥にも大きな動物にも似た者もいましたが、多くは見たこともない姿をしています。
お互いの国の言葉は通じません。賢い者たちが言葉の研究を進めていますが、不自由なく会話をするにはもう少し時間がかかりそうです。

出会ったばかりの彼らの間には、時に小さな争いが生まれます。
しかし、争いばかりではありません。愛だって生まれているのです。鳥たちも動物たちも、争うことと同じように、愛することを止めることは出来なかったのです。

世界がどんなに残酷でも、愛だけは揺るがないのでした。

これから始まる物語は、彼らが出会って数年後のお話。
結末を決めるのはあなたたちです。

それでは、はじめましょうか。

おっと、その前に一つだけ質問をしてもいいですか。
もしも、愛する人が罪を犯してしまったら、あなたならどうしますか?

(つづく)

  • 箱サイズ縦22.5cm x 横16.5cm x 高さ3.0cm