ディスコルディア

¥ 11,000 税込

残り0
プレイ人数
1-4人
プレイ時間
70分
対象年齢
12歳以上

メーカー: テンデイズゲームズ

『ディスコルディア』は、ローマ帝国の領土拡大により発展するライン川沿岸で街づくりに励むダイスドラフトゲームです。
終了条件が勝利点ではなく、手持ちのミープルを全部なくすというところが特徴的で、確かな目標をもってゲームに取り組めます。

ミープルは最初に袋から引きます。船員(青)、兵士(赤)、商人(白)、農夫(黄色)がおり、街に送り込むことでなくすことができます。

手番プレイヤーが青・赤・黄色のダイスを振り、出目によって今回できるアクションが決まります。手番プレイヤーが1つを選んだ後、他のプレイヤーは時計回りに残り2つからどちらかを選んで行います。

アクションは、街に建物を建てる、建物にミープルを送り込む、土地を広げる、発展するなど。アクションによってラウンドのボーナスがあり、さらに建てている建物のダイス目が一致すれば追加でミープルを送り込めます。

5ラウンドで1年が終わり、襲撃してくるゲルマン人と戦力を比べてほうびやペナルティを受けます。そして新たなミープルを引いて次の年を始めます。

ミープルを減らすには、建物にミープルを送り込むだけでなく、年の終わりに引くミープルをできるだけ少なくすることも必要です。プレイヤーボードには、ミープルを引くアイコンがあり、これをつぶさないといけません。また、建物を建ててもミープルがいないとミープルが増えてしまうので、バランスのよい開発が求められます。

建物の出目が出るかは運次第ですが、発展、共通目標の達成や、特権の獲得、出目を変える操作チップと組み合わせて、ミープルを出しやすくしていくところがポイントです。建物を建ててその出目を待っているだけでは、ミープルは減らないどころか増えてしまいます。

序盤どこを重点化し、中盤にアクションをどう噛み合わせ、終盤余ったミープルをどう処理していくか、いろいろな手を研究したくなるテクニカルな作品です。

  • 箱サイズ縦31.0cm x 横31.0cm x 高さ5.0cm